赤いパンツの男性

IQOSとは?

薬を持っている男性

マールボロやラーク、バージニア・スリムといった愛煙家にとっては耳なじみのあるさまざまな有名タバコを世に送り出してきたフィリップモリス社。
この会社が2015年に開発し、販売を開始したのがIQOSです。ライターやマッチで火をつけ、もくもくと煙を発生させ、副流煙でまわりの人たちの健康にすら悪い影響を与えてしまう従来のタバコに比べて、ライターを使わないので火の危険がなく、煙が出ないので目にしみず、副流煙も大幅カット。きちんと喫煙スペースで吸いさえすれば、現在「タバコは悪!」とされているもろもろはほとんど心配がなくなります。もちろん吸っている本人の健康には影響を及ぼすことがありますが。
この画期的なIQOSは、その後さまざまなタバコ会社が開発を開始していますが、群を抜いて人気なのはIQOS。
面白いことに世界での売り上げデータを見てみると、実に9割以上が日本で購入されているようです(世界10ヵ国で販売されています)。

このタバコは充電式のブレードにヒートスティックを挿入し、スイッチを入れることで味わえるようになるタバコです。スイッチを入れるとブレードがヒートスティックを加熱し、水蒸気を発生させます。その蒸気にニコチンが含まれており、従来のタバコを吸うときとまったく同じ味わいを楽しむことができるのです。
タバコの葉を火で燃やして吸い込むときに発生するタールを大幅に抑えることができ、従来よりも健康的。それでいて、煙のかわりに水蒸気が出るので「吸ってる感じ」もちゃんとあります。
IQOSは、そんなタバコなのです。